« ボ病が暴走 | トップページ | ソニータイマー vs 東芝タイマー »

2004/10/20

チャッカマンは大量破壊兵器

今朝、16才の少女が食事を与えられず餓死して、体重わずか13kgだったというニュースを見た。
気になったのは、餓死とか13kgとかではなくて、近所の人の話。

近所の人が以前何かの要件でその家に入ったとき一面ゴミの山で、壁や床は真っ黒になるくらいにゴキブリが居たらしい。
仕方なく殺虫剤を噴射しながら突入すると、ゴキブー達は一斉に飛びまわったらしい。
まさに地獄絵図。
それを聞いて思い出したのが自分の実家。

実家は築50年くらい経つような古い家だ。
戦争が終わってから、祖父と大工さんが一緒に建てたとか。
2年前くらいに台所と風呂場をリフォームしたが、それまではゴキブリアリネズミの巣窟だった。
中高生くらいの夏休みに、暇な時にその台所でチャッカマンを使ってゴキータ達を焼いて遊んだりして親に良く怒られていた。

ゴキブリは数ミリの隙間を好む。
だから、台所の戸棚の戸と戸の間などを沢山のゴキ達が行ったり来たりしていた。
そこにチャッカマンを差し込むようにして火をつけて焼いた。
焼け死んだゴッキーは別の仲間が運んで食べる。その繰り返しだ。

狭い隙は炎が広がりやすい。
そこで、チャッカマンを隙間に当てて半クラッチさせてガスだけをその隙間に充満させる。
そしてそこに火をつけると一瞬で隙間の広範囲に広がり、まとめて仕留めることが出来る。
まるでナパーム弾のようだ。
当時はこれが楽しかったんだけど、遊びすぎて一日でチャッカマンがカラッポになるので怒られていた。

汚い話でごめんなさい。
決してその他の動物や虫達を虐めたりしたことないからね。
そして、良い子は絶対にマネしちゃだめだゾ☆


ゴキブリ豆知識
・ゴキブリホイホイは放っておくと、その中で死んだゴキブリ達を他のゴキブリが羽根以外を食べる。
・お尻の左右ある小さな2本の触覚が周りの空気の振動などを読み取り、人間が近づいてきたりすることを察知する。だから、風下から静かに近づくと気付かれない。
・産卵直前のメスはお尻にカプセル錠のような卵を持っている。危なくなって慌てた時や死ぬ直前などにその卵を落とすので放って置かないように要注意。そこからものすごい小さな子供が沢山出てきます。

|

« ボ病が暴走 | トップページ | ソニータイマー vs 東芝タイマー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

話のネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャッカマンは大量破壊兵器:

« ボ病が暴走 | トップページ | ソニータイマー vs 東芝タイマー »