« ボールチェアより愛を込めて・・・ | トップページ | 僕と彼女と新しい彼 (後編) »

2005/03/09

僕と彼女と新しい彼 (前編)

horie最近のライブドアフジサンケイグループの攻防を見ていると堀江さんがかわいそうになります。
メディアの力を利用して外敵をねじ伏せようとしている風にしか見えないから。

例えばこれ、

ニッポン放送は8日の定例会見で、同社株式をめぐるライブドアとフジテレビジョンとの争奪戦が起きて以来、野球中継やサッカー中継の広告主から、ライブドアが経営を支配した場合には「(スポンサー契約を)白紙にする」との声が相次いだことを明らかにした。 亀渕昭信社長は「ニッポン放送はラジオ中継のノウハウや技術力を10−20年かけて培ってきた」と指摘し、ライブドア傘下ではこうしたニッポン放送の企業価値が棄損することを強調した。 (共同通信 - 3月8日(火)18時11分)

ニッポン放送はラジオ中継のノウハウを培ってきた価値を棄損してしまうって言っているけど、別にライブドアが中継に関して今までのやりかたに突然口をはさむわけじゃないし、全く関係ないと思いません?
むしろ逆で、協業することでそういうノウハウを手に入れて、新しい技術と融合することでさらに良いものにしていこうってことになりません?

これって裏でライブドアを潰そうと口裏を合わせて、こういう情報を多くメディアに発信することで、まるでライブドアを悪者のように仕立て上げようとしてませんか?
他のTV局も、TV業界全体が新しい時代の波に飲まれようとすることに対して実は暗に危機を感じていて、暗黙に業界全体で押し潰そうとしているようにしか見えないんです。

別に堀江さんが好きで擁護しようと思っているわけじゃないんですけど、TVって昔からそういう都合の良い部分の情報だけを切り取って放送することが気になってるんです。
そして、その情報によって流されていく世の中・・・。


そしてもう一つ、

ニッポン放送社員一同は、「私たちニッポン放送社員一同はフジサンケイグループに残るという現経営陣の意志に賛同し、ライブドアの経営参画に反対します」との声明を発表した。 (RBB TODAY - 3月4日13時4分更新)

これって本当に社員全員がそう思ってるんでしょうか?
少なくとも一人は「とりあえず一人で反発してもしょうがないし」みたいな感じで署名してませんか?
私だって、会社の中で良くあるわけのわからん選挙での「とりあえず誰々に○をつけろ」というような流れには無駄に反抗しません。


前者のスポンサーの話といい、後者の社員一同の声といい、実際は全員がそう思っているわけではないものをあたかも100%のように見せるメディアの力は恐ろしいと思います。

ニッポン放送の社員一同の中で内心はどっちでも良いとか買収されたら面白くなるんじゃないかと思っている人が実はいるんじゃないかと考えた時に、ふと前の彼女のことを思い出しました・・・。


長くなったので後半に続く・・・。

|

« ボールチェアより愛を込めて・・・ | トップページ | 僕と彼女と新しい彼 (後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

話のネタ」カテゴリの記事

コメント

では、後半で…

投稿: マル | 2005/03/09 13:37

続きが気になります。

投稿: メグ姐 | 2005/03/09 16:13

TBありがとう。早く後半を。

投稿: shinro | 2005/03/09 17:41

僕も後半が気になる。

投稿: あちゃ | 2005/03/09 18:04

つづきつづき

投稿: えり | 2005/03/09 23:23

みなさんどうもありがとう。
「ネタは小出しに」が基本ポリシーなので少々お待ちを(笑)

投稿: sumito | 2005/03/09 23:44

>shinro
リンク先はもしかして・・・例の新作?

投稿: sumito | 2005/03/09 23:45

もったいぶりやがってぇ!
(#゚Д゚) プンスコ!

投稿: satokoala | 2005/03/10 00:27

怒っちゃいやん。

投稿: sumito | 2005/03/10 12:55

>sumito
さよう。では明日行ってきます。

投稿: shinro | 2005/03/10 22:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕と彼女と新しい彼 (前編):

» 僕と彼女と新しい彼 (後編) [ボールチェアから眺める世界]
激しく前フリの長かった前回の続き。 会社という組織、または業界という組織、そうい [続きを読む]

受信: 2005/03/11 00:03

« ボールチェアより愛を込めて・・・ | トップページ | 僕と彼女と新しい彼 (後編) »