« 滝川のクリのステル | トップページ | 引っ越しました »

2006/05/21

カベガミ

ndpニューデザインパラダイス」を、真面目なのか不真面目なのか勝手にパクってお届けする「ニューデザインパラノイア」。
久しぶりに復活した第3回となる今回のテーマは「壁紙」である。
 
 
 
「壁紙」

と聞いて、パソコンのデスクトップ上の背景画像を連想するあなた。
あなたはきっとパソコン経験がある程度ある人なのでしょう。
 

「壁紙」

それは、初心者パソコンユーザがまず最初にこだわり始めるところ。
お気に入りの映画の壁紙や、好きなアイドルの壁紙など、その人の壁紙を見るだけでセンスがわかるところ。


「壁紙」

「背景画像」ではなく「壁紙」なのは、「wallpaper」と初めに名づけたアメリカ人(?!)のセンスの賜物。
日本人が初めに名づけるようなことになっていたら、「掛け軸」、「垂幕」、「座布団」などになっていたかもしれない。
 
 
そんな「壁紙」
 
 
技術が日々進歩しコンピュータの性能も高性能化していくこの現代。
生活のいたるところにコンピュータは存在し、私たちの生活を豊かにしていく。
家電製品は当たり前、未来は歯ブラシやコップやベッドだってコンピュータが支配する世の中になるかもしれない。

歯を磨きながら体温も同時に測り、その日の健康状態を自動的に把握し健康管理をする歯ブラシ
その健康状態を見ている人に合わせて自動的に映し出す鏡。

眠っている人に合わせて温度を調整するベッド
眠りに入るとき、朝起きるとき、それぞれに丁度良い温度に自動調節して、快適な睡眠を提供する。
 
 
そんな未来には現代の想像を遥かに超えたサイバーな世界になっていることだろう。
そして、「壁紙」はパソコンという枠を飛び出し、備わった機能はそのままに本当の「壁紙」という姿に返る・・・。
 
 
ご覧ください。


作品No.3 : 「カベガミ」

Kabegami1


液晶の技術は紙のような物質に映像を映し出す進化を遂げ、そしてそれはいずれ人々の生活を囲う。
パソコンの画面の背景という枠を飛び出し、部屋の壁紙として人々の生活に新しい遊び心を与える。

沈んだ気持ちになったあなたを一瞬で南国の世界へといざない、晴れやかな気持ちにさせてしまう、カベガミ。
友達以上恋人未満な微妙な二人の距離も、素敵な夜景で一気に縮めてしまう、カベガミ。
部屋に居ながらにして世界を旅行する気分だって味わうことが出来てしまう、カベガミ。

Kabegami2


「カベガミ」

まるで、この未来を予見していたかのようなネーミング。
本当の意味での「壁紙」という姿に戻ったその機能性は、暮らす人間の気持ちを反映するかのように自由に姿を変える。

|

« 滝川のクリのステル | トップページ | 引っ越しました »

ニューデザインパラノイア」カテゴリの記事

デザイン・インテリア」カテゴリの記事

コメント

いつのまにこんな画像編集テクを身につけていたのだ!
ははーん、さてはヒマだな!(笑)

投稿: shinro | 2006/05/24 12:26

>shinro

どうもどうも。
総作業時間は半日くらいなんだけど、
数ヶ月くらいかけてちょっとずつ頑張ったんだよ~。

投稿: sumito | 2006/05/25 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カベガミ:

» ヒトツボ [ボールチェアから眺める世界(別館)]
[[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/49/cb/gd_uid/folder/96290/img_96290_168062_1?20060819161328.jpg)]] ひとつぼ(1坪)=182センチ四方(たたみ2畳分)   この狭い空間で、「どんな部屋ができるか」「何ができるか」「何をしたいか」ということ考える、商品企画プロジェクトを発見。 (プロジェクトについてはこちら→[htt..... [続きを読む]

受信: 2006/08/19 17:34

« 滝川のクリのステル | トップページ | 引っ越しました »